2014/02/01

2014/2月1回目 ポージィ花の教室作品 シンビジウムを使ったアレンジ

Dsc02449淡いピンクのシンビジウムに合わせて、やさしいペールトーンのアレンジを制作しました。

透明感のある色合いが早春のイメージをかもし出します。

シンビジウム、アルストロメリア、ストック、スイトピー、ベアグラスなど

2014/01/29

2014/1月2回目 ポージィ花の教室作品 ランのアレンジ

Dsc02385 ピンクのデンファレは「シュガーピンク」。グリーンのデンファレは「ジェイドグリーン」。オンシジウムと、サファリサンセットを使いました。

最近はデンファレもすっかり品質がよくなって、びっくりするほどのボリューム感を出せました!季節感の弱い1月にはいいアレンジだと思います。

(=^-^)/

2014/01/14

2014/1月1回目 ポージィ花の教室作品 和花の今風アレンジ

131 まだちょっぴり新春気分の残っている1月1回目のレッスンは、菊をさまざまに使った和風のアレンジです。ピンポンマムと、ポンポン咲きのスプレーマムは、どちらもまん丸でかわいいですね。ちょうど咲き始めた梅の小枝を添えました。

2013/12/29

2013/12月3回目 ポージィ花の教室作品 お正月

123 今年は千両よりも南天の実が豊富にあり、思いっきりつかって華やかにアレンジしました。お花は最近少しずつ人気が出てきている葉牡丹をメインにしてみました。

2013/12/17

2013/12月2回目 ポージィ花の教室作品 枝物を使ったクリスマス

122 ドウダンツツジにペイントした【オーロラ】という枝物を使っています。ブルーとパープルのお花をあしらって、ちょっといつもと違うクリスマスアレンジになりました。

2013/12/03

2013/12月1回目 ポージィ花の教室作品 ポインセチアを使って

121 ポインセチアは、切花としては水揚げが悪くほぼ使えない花材なのですが、せっかくのクリスマスにアレンジしたいところではあります。そこで、鉢植えをそのまま切花と一緒にしてデザインしてみました。

ポインセチアの鉢植えは安くてボリュームが出るので、大きなアレンジを作ることができました。長持ち具合も半端なかったです♪

2013/11/19

2013/11月2回目 ポージィ花の教室作品 クリスマスリース

112 今年のリースは、サンキライを枝を斜めに配してみました。すっきりとかわいい仕上がりです。

2013/11/05

2013/11月1回目 ポージィ花の教室作品 トピアリーツリー

111_4 いつも人気のトピアリーツリー。今年は大きなお花を使って作るというのがコンセプト。

色もあえてピンク系を排除して、すっきりとかっこいいイメージです。

誰もが苦手とする玉の下の部分には、リボンを配して簡単できれいに仕上げる工夫をしました。

2013/10月2回目 ポージィ花の教室作品 スタンディングブーケ

102_2花束の足元に水をためてそのままで立つようにしている花束です。

花束のレッスンは1年間に1~2回程度行っています。オアシスに挿すのでは出ない味があるのと、花束ができることで、いろいろな状況でもお花を飾れるようになるからです。

2013/10/08

2013/10月1回目 ポージィ花の教室作品 りんごのアレンジ

101 秋らしく実の物をたくさん使ったアレンジです。特に大小のりんごを豊富に使って華やかに。他の実物はサンキライ、フウセントウワタ、シンフォリカルポス。

より以前の記事一覧

posy flowers SNS/HP

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

What time now ?

フォト

コメントとトラックバックについて

  • 最近スパムのトラックバックが非常に多くなってきましたので、コメントトラックバックともに承認後の公開とさせていただきます。よろしくお願いいたします。

おすすめ本!!

  • 石井 龍一: 役に立つ植物の話―栽培植物学入門 (岩波ジュニア新書 (355))

    石井 龍一: 役に立つ植物の話―栽培植物学入門 (岩波ジュニア新書 (355))
    岩波のジュニア新書ではあるが、普段誰でも食べている基本作物に多くのドラマがあり、日本の農業研究者もかかわっていることを教えてくれる、大人も(アンチ岩波の人も)読んでほしい一冊。特にコムギ・イネあたりまでが面白い。 **以下裏カバーより**  『人類の文明は、野生植物を栽培する技術を発明し、定住して社会生活を営むところから始まった。以来、作物は私たちと共にあり、人々は作物の改良に不断の努力を傾けてきた・・・』 (★★★★)

  • レン オークメイド: プランツ・イン・スタイル―鉢物を使ったフラワーデザイン‐プランツ・アレンジメントの作り方とアイデア

    レン オークメイド: プランツ・イン・スタイル―鉢物を使ったフラワーデザイン‐プランツ・アレンジメントの作り方とアイデア
    そろそろレンさんもいいお歳になっているはずなのですが、まだまだ新しいことにチャレンジし続けているようです。レンさんの洗練されたセンスが、新しいテクニックによってますます魅力アップ。たいしたものだと思います。スジが通っている方はやはり違いますね。。。 (★★★★★)

  • 宇田 賢吉: 電車の運転―運転士が語る鉄道のしくみ (中公新書)

    宇田 賢吉: 電車の運転―運転士が語る鉄道のしくみ (中公新書)
    マニアックでしょ(笑)私子供のころは軽く鉄ちゃんだったんです。お金がなかったので、時刻表系の鉄でしたが。これはなかなか素人にもわかりやすいいい本です。電車でGO!したくなりましたね。。 (★★★★)

  • : 発展コラム式 中学理科の教科書 第1分野(物理・化学) (ブルーバックス)

    発展コラム式 中学理科の教科書 第1分野(物理・化学) (ブルーバックス)
    今さら人には聞きにくい科学の基本。特に私のような文系で、高校で物理を取らなかったような人にはぴったり(笑)。発展コラムが、いまどきの製品などに即していて面白い。教科書というよりは、楽しんで読める科学書という感じです。 (★★★★)

  • 岸田 秀: ものぐさ精神分析 (中公文庫)

    岸田 秀: ものぐさ精神分析 (中公文庫)
    どちらかというとかなり哲学的だが、科学偏重のこの時代、哲学というか、文系最高レベルの内容。文系の人も理系の人も、読めば必ず目からうろこが落ちる。世の中の不思議に答えがあっさり出てしまう一冊。30年以上前の文章だが、まったく古臭さがない。必読。 (★★★★★)

  • 彩樹 かれん: うさぎのダンス

    彩樹 かれん: うさぎのダンス
    子供が小さいときに気に入って買った絵本。絵が少し漫画チックですが、とてもかわいいです。お花の絵もかわいくてお勧め。 (★★★★)

  • レン・オークメイド: テクニックインフラワーズ

    レン・オークメイド: テクニックインフラワーズ
    私の好きなデザイナーです。誰にでも「きれい」といってもらえる自然さがあります。デザイナーは新しいものを作り出し続けなければいけないような強迫観念に襲われますが、そんな時基本に返るにはいい作品です。 (★★★★★)

  • 江尻 光一: 園芸の極意

    江尻 光一: 園芸の極意
    園芸ファンなら知っている江尻センセの新書。育て方とかではなく、今の日本の園芸に欠けているところを鋭く抉り出すすごい本です。人間年取らないと、いい本書けないのかなぁ。。... (★★★★★)

調べごと

  • ググる
    Google

    ウェブ全体から検索
    ココログ全体から検索
    posy.cocolog-nifty.com内検索
無料ブログはココログ