« 水やりは水をやっているだけではありません。 | トップページ | 2017年 11月 ポージィおすすめ!アレンジ花束セレクション »

2017/11/30

植物を育てることの半分は根っこを育てること。

前回の復習をまずしておきますと、鉢植えの水やりの基本は、鉢の表面が乾いたら、そこ穴から水が流れ出るぐらいにたっぷりと水を与える、ということでした。これは根っこに空気を与えられる有効な方法だからです。しかし植物は環境に合わせることで進化しましたので、そうではない例外の植物もあります。例えば藻や海藻など完全に水没して生きていくものもありますし、そこまで極端でなくてもアザレアやつつじの仲間のように、いくら水をやってもいいものもあります。また稲は水を張ったり抜いたりしながら育てると大きく育ちます。

稲は田植えの時には水を張った状態の田んぼに植えます。そして根が活着してある程度大きくなるまで水を張ったままにします。その後水を抜いて育て途中で水を張って水分を補給したり空気を補給したりしながら育てると、一番大きく育ってたくさんのコメを収穫できます。
この方法は日本ではとうの昔から確立されていますが、たぶん農業が始まったころはこうではなかったかもしれません。ぐうぜん梅雨時期に長雨があって、そのころに植えた苗がよく育ち且つ植え付けが楽であることから、なるべく水が張りやすい梅雨時期に田植えをすることが確立したのでしょう。また途中で水を抜いてかなりドライな状態で育てますが、これも梅雨明けに水が切れた時のほうが収量が多いことを理解して、あえて水を抜くという管理方法が確立したと思われます。つまり偶然に起こる気象条件の違いから収量がいい時の状況を分析し、一番楽に大きく育てる方法を確立していったのだと思われます。(稲作は最初は直播であったろうと思いますが、ある程度間隔をあけて育てたほうが多く収穫できることや、稲を植えている以外の時期を他の作物を植えることで有効活用したりすることができるなどのメリットから、苗を育ててから田植えをするという方法が確立したものと思われます。)

ここで重要なことは、人間は植物に対してとりわけ何かしているのではありません。やっていることは根が多く張るために水の量を管理しているだけです。もちろん雑草を抜いたり鳥に食べられないようにしたりといった管理もしますが、直接稲という植物にかかわっているのは、いかに根っこを元気に大きく育てるか、ということです。
これは鉢植えの植物においても同じで、田んぼよりはるかに狭いスペースで管理するためにはもっと細やかな管理が必要になります。いずれにせよ、
植物を育てることは根っこを育てること!そう思ってもあながち大げさではありません。地味で目に見えない根っこをイメージして育てられるようになれば、もう園芸初心者は卒業です。

« 水やりは水をやっているだけではありません。 | トップページ | 2017年 11月 ポージィおすすめ!アレンジ花束セレクション »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/96686/66102051

この記事へのトラックバック一覧です: 植物を育てることの半分は根っこを育てること。:

« 水やりは水をやっているだけではありません。 | トップページ | 2017年 11月 ポージィおすすめ!アレンジ花束セレクション »

posy flowers SNS/HP

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

What time now ?

フォト

コメントとトラックバックについて

  • 最近スパムのトラックバックが非常に多くなってきましたので、コメントトラックバックともに承認後の公開とさせていただきます。よろしくお願いいたします。

おすすめ本!!

  • 石井 龍一: 役に立つ植物の話―栽培植物学入門 (岩波ジュニア新書 (355))

    石井 龍一: 役に立つ植物の話―栽培植物学入門 (岩波ジュニア新書 (355))
    岩波のジュニア新書ではあるが、普段誰でも食べている基本作物に多くのドラマがあり、日本の農業研究者もかかわっていることを教えてくれる、大人も(アンチ岩波の人も)読んでほしい一冊。特にコムギ・イネあたりまでが面白い。 **以下裏カバーより**  『人類の文明は、野生植物を栽培する技術を発明し、定住して社会生活を営むところから始まった。以来、作物は私たちと共にあり、人々は作物の改良に不断の努力を傾けてきた・・・』 (★★★★)

  • レン オークメイド: プランツ・イン・スタイル―鉢物を使ったフラワーデザイン‐プランツ・アレンジメントの作り方とアイデア

    レン オークメイド: プランツ・イン・スタイル―鉢物を使ったフラワーデザイン‐プランツ・アレンジメントの作り方とアイデア
    そろそろレンさんもいいお歳になっているはずなのですが、まだまだ新しいことにチャレンジし続けているようです。レンさんの洗練されたセンスが、新しいテクニックによってますます魅力アップ。たいしたものだと思います。スジが通っている方はやはり違いますね。。。 (★★★★★)

  • 宇田 賢吉: 電車の運転―運転士が語る鉄道のしくみ (中公新書)

    宇田 賢吉: 電車の運転―運転士が語る鉄道のしくみ (中公新書)
    マニアックでしょ(笑)私子供のころは軽く鉄ちゃんだったんです。お金がなかったので、時刻表系の鉄でしたが。これはなかなか素人にもわかりやすいいい本です。電車でGO!したくなりましたね。。 (★★★★)

  • : 発展コラム式 中学理科の教科書 第1分野(物理・化学) (ブルーバックス)

    発展コラム式 中学理科の教科書 第1分野(物理・化学) (ブルーバックス)
    今さら人には聞きにくい科学の基本。特に私のような文系で、高校で物理を取らなかったような人にはぴったり(笑)。発展コラムが、いまどきの製品などに即していて面白い。教科書というよりは、楽しんで読める科学書という感じです。 (★★★★)

  • 岸田 秀: ものぐさ精神分析 (中公文庫)

    岸田 秀: ものぐさ精神分析 (中公文庫)
    どちらかというとかなり哲学的だが、科学偏重のこの時代、哲学というか、文系最高レベルの内容。文系の人も理系の人も、読めば必ず目からうろこが落ちる。世の中の不思議に答えがあっさり出てしまう一冊。30年以上前の文章だが、まったく古臭さがない。必読。 (★★★★★)

  • 彩樹 かれん: うさぎのダンス

    彩樹 かれん: うさぎのダンス
    子供が小さいときに気に入って買った絵本。絵が少し漫画チックですが、とてもかわいいです。お花の絵もかわいくてお勧め。 (★★★★)

  • レン・オークメイド: テクニックインフラワーズ

    レン・オークメイド: テクニックインフラワーズ
    私の好きなデザイナーです。誰にでも「きれい」といってもらえる自然さがあります。デザイナーは新しいものを作り出し続けなければいけないような強迫観念に襲われますが、そんな時基本に返るにはいい作品です。 (★★★★★)

  • 江尻 光一: 園芸の極意

    江尻 光一: 園芸の極意
    園芸ファンなら知っている江尻センセの新書。育て方とかではなく、今の日本の園芸に欠けているところを鋭く抉り出すすごい本です。人間年取らないと、いい本書けないのかなぁ。。... (★★★★★)

調べごと

  • ググる
    Google

    ウェブ全体から検索
    ココログ全体から検索
    posy.cocolog-nifty.com内検索
無料ブログはココログ