2014/10/18

使い古しの吸水性スポンジ(アクアフォーム・オアシスなど)を再利用!エコなガーデニングにチャレンジ♪

実は今年大阪であった花屋さんの資材展示会で、松村工芸さんのアクアフォームのブースがありまして、そこでアクアフォームを培養土にしている事例が紹介されていたのです。もちろん前々から、これは土の替わりになるんじゃないかな~?とは思っていましたが、すでにアクアフォーム100%使用のプロの生産者さんや自動給水機まであるということだったので、実際どうなのか試してみました。

Dsc04038 実は花屋をやっていますと、この使用済みの吸水性スポンジの処理は意外と大変なのです。スタンド花などで納品後回収してくる場合があるのですが、それを捨てるのが大変なのです。何度も使う人もいますが、実は一度使うと中に空気が入ってしまって、もう一度給水させても、中まで完全に水が入らなくなってしまいます。ですから花もちを考えれば何度も使うわけにもいかず、燃やせないごみとして捨てるより無いのが現実なのですが、水を吸った重いスポンジを潰すのは結構骨が折れます。。。
そこで写真のように使用済みのオアシスをいったん天日にさらしてバクテリアをやっつけたあと、1辺2cmぐらいの大きさ(適当でいいです)のサイコロ状に切り、これを土の代わりに使うというのです。

Dsc04046 そこで夏前に一度実験として、トレニアの苗をつかって実験したのがこの写真です。写真右の鉢は全て土。真ん中は土50%吸水性スポンジ50%。左は吸水性スポンジ100%です。

実際どうなったかの写真・・・・・を撮ったのですが無くしてしまいました (*_ _)。のでやむなく言葉で説明しますと、

土だけのものと半々のブレンドのものは、まったく生育に差が出ませんでした。吸水性スポンジ100%のものは、肥料の効きが悪いようで、ほかのものよりは小さく育ってしまいましたが、枯れるようなことはありませんでした。さすがに根っこの周りの隙間が大きすぎるので、肥料の留まりが悪いように思いました。
また特筆すべきはその保水力で、最後には水切れでからしてしまったのですが、水を切らさずに最後まで生き残ったのはスポンジ100%のものでした。ですので、夏の暑いときのプランターには効果を発揮しそうです。

とにかく、半分まで混ぜてもまったく問題ないことがわかったので、ついに本日暴挙!に打って出ることに決定しました。そう、当店西側のグリーンカーテンを作っていたプランターの土に、混ぜ込んでみることにしたのです!

Dsc04930 土を掘り起こしてしっかり耕します。3つプランターがあるのですが、そのうち一つには根きり虫が入っていたので、ダイアジノンを使用しておきます。野菜用のプランターは大きいのでちょっと大変ですが、そのぶん生育はいいです。

Dsc04942 使用済みの吸水性スポンジをざくざく切っていきます。今回1プランターにスポンジ4個を使いましたので合計12個。これだけ切るのはまあまあ大変ですが、キャンプでカレーを作っているような変な気分になりましたw

Dsc04933 土に投入します。

Dsc04936 2度に分けて入れたので、実際にはこの2倍の量を投入しました。培養土全体に対する吸水性スポンジの割合は25%程度だと思います。

Dsc04949_2 今回植えたのは、春に黄色い花をつける、つる性植物の、「カロライナジャスミン」です。今年は夏に刈り込んでしまっているので短くなっています。来年の春はあまり花は期待できないようですが、長期計画で再来年の春に壁一面の花を目指したいと思います。

もちろん一番はこの吸水性スポンジの効果を実感するためです。実際前の実験では、土以上の保水力があることがわかっていますし、根が張っても、それほどスポンジは崩れず再利用可能なこともわかっています。ただ、どれぐらい使ったらスポンジが粉々になってしまうのかなど、時間をかけたときにでてくる違いを確認する必要があります。
時間がかかる実験となりますが、何か報告すべきことが出てきましたら、またこのブログで報告したいと思います。

(*^-゚)ノ

追記:ごみ処理の方法として土の投入するのは避けたほうがいいと思います。吸水性スポンジは石油製品で分解しないため、いつまでも土の中に残ります。あくまで鉢植えで管理し、古くなったらお住まいの地域指定の方法を役所にお電話などで確認して、廃棄できるようにしてください。よろしくお願いいたします。

2013/07/12

今年の夏も、アピオス(ほどいも)のグリーンカーテンに花が咲きました。

今年は梅雨明けが早くて、連日本気の暑さが大変ですね。エアコンのお陰で何とか生き延びているという印象ですが、今年も店の南側の大きな窓にグリーンカーテンを仕掛けています。

去年育てて、秋のお芋の収穫が楽しかった「アピオス」です。

収穫のときの様子はこちらの記事で。

アピオスはググっていただくといろいろ情報が出てくると思いますが、今年の春にNHKの野菜の時間でも紹介された、ちょっと新しい野菜です。徳島の市場には今年は出荷がなかったですが、ネットで種芋を買うことができるようです。

私の今年の場合は、去年秋に芋を収穫したあと、食べるにはちょっと・・・という小さなお芋だけを鉢の土に埋め戻してそのままにしていたものが、4月ごろから芽を出して成長をはじめました。

そのあとは2回ほど化成肥料を少量与えたぐらいで、水遣りだけは1日1回程度切らさずやっているという感じです。農薬類は、根きり虫対策の薬を小さいうちに一度やっています。ほとんどほったらかしですが、いったん成長をはじめるとぐんぐん大きくなっていきます。

Dsc00327 以前の記事でも書きましたが、摘心してもあまり横枝が出ないので、大きな窓をカバーするには、まめに誘引する必要があります。しかも葉っぱの間隔が結構大きいので、グリーンカーテンにするには3本ぐらいの枝が重なっている必要があります。

Dsc00326_2 こんな感じで鉢から離れたところは、葉っぱが薄くなってしまうんですね・・・。なんとかこのあと、びっしりと育ってほしいものです。このままでは暑くてかないません。
(´・ω・`)

ちなみにこの季節になると、お花が咲き始めます。

Dsc00320 確かに豆の花のようですが、地味な色で大きさも小さく、あまり観賞価値はありません。お花を期待するのはやめておいたほうがいいでしょう。とにかく、秋~冬の収穫を楽しみに、そして涼しげなグリーンカーテンとの一石二鳥で、この夏を乗り切りたいものです。

さて、食べ残しの小さな小芋で、どれぐらいの収穫があるのでしょうか。また冬にレポートいたします!!

2012/10/20

アピオス(ほどいも)を収穫、そして試食!!うまい!!

今年の5月末に仕入れてしばらくしてから植えた、「アピオス」。食べられる芋ができるということで、今年はグリーンカーテンもかねて、店の南向きに植えておりました。

Img_4629 仕入れたときは、ごらんの4号鉢入り。これを10号鉢に2鉢植えておいたのです。

夏場に花が咲いてくれたのですが、葉っぱも蔓もけっこう繊細で、グリーンカーテンとしては、ちょっと頼りない感じではありました。しかし、涼しげな感じで、新しい新鮮な感じは出ます。横に広がりにくい(まっすぐに上に伸びる)ので、横長のプランターで植えるべきでしたね。

で、このごろ涼しくなっていよいよ葉が枯れてきました。

Img_6127 ということで、念願の芋掘りです。

ツルを切って、鉢をひっくり返してみると・・・

Img_6124 おおー、ごろごろと数珠のようにつながった芋が出てきました。余分な根っこを切って収穫してみますと

Img_6129 5号の鉢皿に山盛り・・・。小さなものは来年の種芋として取っておいて、大きなものを食べればいいようです。

しかし切り口から、まさに木工用ボンド!と思えるほどの白いネバネバが出てきます。本当に食べられるのでしょうか・・・

Img_6134 きれいに洗ってみました。なんとなく食べ物だなー、っていう感じがしてきましたねw。結局、親指の爪より大きなものが30個ぐらい採れました。

ネットの情報によれば、3-4分塩茹ですれば食べられるとのこと。ためしに電子レンジで、弱で加熱してみると、すぐに破裂しました・・・(笑)。やめておきましょうね。

Img_6137 しょうがないので、カセットコンロを引っ張り出して(こんなものまで花屋にあるんです・・・)塩茹で4分。中身が膨張して裂け目が入ってきたので、早速試食してみました。

Img_6140 おおっ、甘い!!ほのかな甘みがあって、柔らかく、クセもありません。皮をどうするかと思いつつ、小さいのでそのまま食べましたが、まったく問題なく食べられます。ひょっとすると、皮の近くのほうが甘いようにも思えます。

何でも、インディアンが戦いの前に食べたというスペシャル食だそうで、元気が出るという意味以外にも、この旨さには、命をかけるものへの想いがこもっているのかもしれません。

けっこう希少な食べ物のようで買うとけっこうなお値段がします。ぜひ種芋をとっておいて来年も育ててみようと思いました♪

(*^^)v

2012/09/11

黒い芋虫発見!>< →googleで画像検索→セスジスズメガの幼虫でした

昨日から店の前をのこのこ歩く、黒い芋虫・・・。虫に強い私もさすがにきもい・・・

で、今日になると、店の前の庭じゅうにたくさんいることを発見!

Img_5644 ><

写真下の葉っぱをさかんに食べています。足元には大きなウンチがころころ・・・あっという間に大きくなったようです。

Img_5649 なんと店の中にまで入り込んでウロウロ。これは何とかしないといけません。体長は7cmぐらいもあります。しかもかなり高速に移動・・・この写真左側が頭のようです。右側の尻尾のみたいなのは車のアンテナみたいな感じで前後に動きます。
ウー カナリキモイ。。

で、上の写真を使ってgoogleの「画像で検索」というのを使って調べました。

Ggl 画像検索のページで、このカメラマークをクリックするんですね。すると自分の手持ちの画像をアップロードしてそれに近いものを表示してくれます。さらにキーワードで絞り込むと・・・

するとわかりました。「セスジスズメガ」という蛾の幼虫で間違いないようです。

さらにググっていきますと、ヤブガラシという植物が好物なようで、この雑草をはやしているとこの幼虫がセットでついてくる、っていう感じのようです。

Img_5648 この少し青みががった葉っぱがヤブガラシです。別名ビンボウカズラというらしいですが、けっこうこの草をはやしてしまっている方がいらっしゃいます。私もなるべく取ってあげたいのですが、事務所の方などはあまり意識しないようで、いつの間にか生えてしまっています。雑草のせいで、気持ち悪い害虫がやってくるのですから、早めに抜きまくらないといけませんね。

また、野菜なども食い荒らす害虫のようですので、思い切って殺虫剤で殺してしまってもいいと思います。私は今回マラソン乳剤を1000倍程度で使用しましたが、ちゃんと効いているようです。あまり濃いものを使うと、人体にも有害ですし、環境も破壊します。また、
農薬取締法で処罰の対象になりますので、ご注意を。

しかしgoogleの「画像で検索」が一番感動しました・・・。名前から写真、は誰でもするようになったと思いますが、写真から名前はあまり有名ではないのでは。え?私だけ?
雑草の花の名前でわからないものとか、色々使い道は多そうです。もう図鑑を必死でめくりまくるということもなくなりそうですね。

(*^^)v

2012/07/04

どこでもベープno.1未来を装着して畑仕事!ミライさんと一緒ですw

今日は梅雨の中休み?午前中だけ晴れ間が出ました。ちょうど仕事も落ち着いていたので、久しぶりに畑に行ってみますと、植えて育てていた花たちが大きくなって、花を咲かせていました。

Ncm_02021 これは宿根のヒメヒマワリ。通常花屋さんに出るものより花が大きくて芯の部分が黒くないので、すっきりとしてとってもきれいな花です。

そのほかにもジニアやコスモスも咲き始めていたので、後で収穫することにして、まずは伸びすぎた花たちを剪定。

宿根マリーゴールドは春の花が終わったので、短く切り込んで秋の花を楽しみに待ちます。ビデンスのイエローキューピッドシリーズも、ずいぶん伸びすぎていたので半分ぐらいに切り込んで、本来の花の時期にきれいな花が収穫できるようにすることにしました。

しかし作業を始めると、すぐに蚊の大群に襲われ、あっという間に7箇所ぐらい刺されてしまいました。何を隠そう、私は昆虫の中でも蚊が大嫌いでして、ゴキブリやクモも気分は悪いですが、なんといっても蚊は血を吸われるので、特に憎しみがわきます・・・。

そこで近くのドラッグストアーで、こんなものを購入しました。

Ncm_02061 どこでもベープno1未来。

なんというネーミング・・・。未来って。。
いっそのこと「ミライ」にしてもらって、スイッチを入れると

『どこでもベープ発進します!』とかしゃべってくれると、ガンダムオタクに受けそうな気もするのですが、どうでもいいですね。(; ^ ー^)

裏の説明書を見てベルトを装着。一応腕に入れてみるとこんな感じ。

Img_4919 ホワイトベース、じゃなくて、どこでもベープ。
ダッセーw

で、しょうがないので腰にカラビナでぶら下げて作業作業っと。

5倍効いているかどうかはわかりませんが、以後蚊にかまれずにすみました。

千日紅の苗も植えつけたり、草も少し抜いたりで作業完了。最後にきれいな花を切って店に戻りました。

Img_4924 仕事で使えるかどうかはわかりませんが、とりあえず市場で仕入れる花とは一味も二味も違った力強い印象が素敵です。

また近いうちに殺虫と殺菌をして、草も抜いて、肥料もやって・・・大変ですが、しばらく頑張るつもりでおりますです。

(*^^)v

追伸:私はもちろん、ミライさんのファンでございますよ、ええ。

2012/06/14

アンゲロニア、ジニア、千日紅、パイナップルセージ、バジル、など夏のお花を植えませんか

梅雨入りしたとはいえ、晴れたときには強い日差しを感じる季節になりました。今週末は父の日ですが、花屋さん的にはあまり大きな動きはないので、どちらかというとガーデニング関係の仕事をがんばっております。

さて今日も今週のおススメ植物をいくつかご紹介します。

Img_4818 まずは、アンゲロニア。最近多く出回るようになった、比較的新しい植物です。性質はとっても丈夫で、暑い間にどんどん大きくなって花を咲かせ続けます。このちょっと渋い感じがオシャレでして、寄せ植えにもいい感じです。今回は3色MIXでの入荷で3.5寸ポット。とにかくイチオシです!

Img_4819 一緒に植えたいのがジニア。私の大好きな花で、今回は花が小さくて背が高くなりやすい、リネアリスという品種も入荷しています。

Img_4821 千日紅も、そろそろいい苗が入荷して来ました。春の早い時期の苗は傷みやすいので、今が買い時!多分、切花用に、私が畑に植えてしまいそうですが・・・(笑)。

Img_4817 この時期はハーブ系もおススメです。前回ラベンダーを紹介しましたが、これはパイナップルセージ。葉っぱからパイナップルの香りが漂ってきます。お花もエキゾチックでいい感じですね。

Img_4823_2 スイートバジルも入荷。もう結構ボリュームがあるので一回目の収穫がすぐにできそうです。
バジルをがんがん収穫するには、葉っぱだけをちぎらずに茎を切って!せっせと収穫することにつきます!詳しくはこちらのページで。

Img_4824 そして最後は、父の日のプレゼントにもぴったりの、ホテイアオイです。スイレン鉢に浮き球などもセットにして販売していますが、もちろん単品でもOK。メダカを飼う方には必需品ですね。濃いブルーが本当にきれいです・・・。

いずれも簡単に育てられて、ちょっとおしゃれな感じがする植物ばかり。ビオラが枯れて、空いた鉢があるという方は、この週末にでも是非!今なら気持ちよく園芸が楽しめますよ~

*'ー')ノ

2012/06/13

阿南市那賀川町『住友菖蒲園』勝浦郡勝浦町『ガーデンタイムこのむ』に行ってきたの巻

先日の日曜日に少々時間だ取れたので、前から行ってみたかった場所に行ってきました。

まずは、勝浦町の『ガーデンタイムこのむ』

カフェメニューなどはこちらで見ていただくとして、イングリッシュガーデン風のお庭が大変すばらしいできばえでした。

Ncm_01421

Ncm_01431 こんな眺めを楽しみながら、まずはテラスのカフェでお茶など・・・花好きとしてはお茶もそこそこに庭に出て行きますと、珍しいお花がいっぱい咲いています。行ったのが6月10日だったので、時期的に一番きれいな時ではありますが、季節が違っても色々な花が楽しめるように作っています。いくつかご紹介しますと、

Ncm_01471 ニーレンベルギアですか??

Ncm_01451 ハート型がかわいい!

Ncm_01461 とか

Ncm_01501 とか

Ncm_01481 とかとか、、、花屋でも名前がわからないような珍しいお花でいっぱいです。(汗

Ncm_01541 これはスモークツリーですが、かなり大きな木になっていて見事でした。上品な花木もたくさん植わっているのですが

Ncm_01551 バラもおススメ。夏はやっぱり紫系がいいですね~

というわけで、印象としては大変すばらしいです!虫や病気の対策もしっかりしていて、見ていて気持ちがいいです。花の種類は、本当にまちまちですが、英国風とかアメリカ風とかそういうこだわりではなくて、本当に花が好きで、どんどん植えていったらできました!的な何気ない感じがすごくいいです。

別にステマでもなんでもないのですが、まったりしたい日になんとなく行くところもないなあ・・・的な日にぜひ足を伸ばしてみてください。徳島市内からでも車で30分ぐらいでついてしまいます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

その後、もう夕暮れが近づいていたのに足を伸ばして、阿南市那賀川町の住友菖蒲園(住友商店)さんに行ってきました。

ここは55号バイパスにもノボリが出ていますのでご存知の方も多いかと思いますが、そのノボリを頼りにたどり着けば、コンパクトな場所ながらも、非常に心のこもった花作りをしているショウブを楽しめます。

Ncm_01731 もともとは造園植木関係のお仕事をされてます。

Ncm_01681 6月10日はぴったり見ごろでした!咲き終わりの花をきれいに掃除して、最高の美しさを維持されています。

Ncm_01691 色も種類も豊富です!

Ncm_01701 やっぱり白はきれいですね。花屋好みは白!?

Ncm_01671 とか

Ncm_01601 とか、ちょっと古典的な感じもGOOD!

Ncm_01591 この花も上品です!あと薄いピンク色もきれいでした(花の咲き具合のタイミングがあれだったので、撮影していませんが)。

ここの社長さんは、もともと競輪選手だったそうで、その辺の記事も東屋に張ってあったりして結構面白いです。私も自転車好きですが、自転車と園芸は、嗜好性が似ているのでしょうか?そんなわけないか(笑)

菖蒲園の無料開放は20日まで。ぜひ一度足を運んでください!

2012/06/04

今年のグリーンカーテンは西洋朝顔とキュウリ君。西日対策はばっちりじゃ!

今日は曇りで涼しいですが、そろそろカッと暑い日になることがあります。今年は徳島でも計画停電になるのか??なんてニュースもありますが、そうでなくても西日の当たる窓は暑いのです。そこで当店ではここ何年も、グリーンカーテンを作っています。今年は素直に西洋朝顔wを育てていますが、毎日20cmぐらいは平気で伸びていきます。。。

Img_4661 土もプランターも以前のものを使いまわし。根切り虫対策のダイアジノン粒剤は欠かせません。根っこを育てることがいい植物作りの基本です!後はこのプランターに直接太陽が当たらないように、ダンボールで日よけを作ります。直射日光が当たると、根っこが熱さでだめになってしまいますので。ここポイント!w

とにかく伸びすぎるので、先端を切って上に伸びるのを押さえていますが、脇芽もどんどん伸びて、苗を植えてまだ1ヶ月にならないのですがもうこんな感じです。

Img_4662 すでにツボミもたくさんついて、どんどん大きくなっていきます。あと1週間ぐらいで咲き始めそうです。
先日殺虫剤を殺菌剤をやり、さらに今日は肥料もやったので、ますます成長が加速しそうですが、とにかくびっしりと葉っぱを茂らせてほしいものです。

3つあるプランターの2つはこの西洋朝顔ですが、もうひとつは・・・

Img_4663 キュウリ君・・・

去年の種を冷蔵庫で保管していたものなので、発芽率は悪かったのですが、何とか無事スタート!おいしい野菜が好きな私としては、花よりも実益を兼ねたこちらを応援したいですw

(; ^ ー^)

2012/06/03

カモミールティーを種まきから半年かけて作ってみた!!

いつのまにやら6月になって、季節は初夏!!爽やかな風が気持ちいいですね。

実はちょこっと借りている畑でいちどは作ってみたかった、カモミールの種を撒いていたのですが、5月中旬からどんどん咲いてきました。

Img_44999 秋に畑に畝を作って、そこに種を直播き。ほんの少し土をかけて上から押さえて水をやったら、後は雨水だけで育ちます。春に一度、化成肥料を少しだけやりました。

白い花がいっぱい咲いている風景はそれだけでも癒されるのですが、今回の目的は切花にすることとお茶を作ってみること。そこで今回は、カモミールティーを作っていくまでを紹介します。

Img_4499 まずは収穫。今回は切花用にも採ってきたので長めに収穫していますが、お茶にするだけなら花の部分だけでいいです。

Img_4588 花の部分だけを摘んでいくとこんな感じ。一番上の写真の花の部分を全部摘むとこれぐらいの量です。花の種でいうと、一袋の種からこの2倍ぐらいの量が取れます。

Img_4644 風通しのよい日陰で薄く広げるようにして2・3日乾かすときれいに乾きます。風で飛んだり雨が当たったりしないようにすればOK!

Img_4645 アップで見るとこんな感じです。

Img_4647 今回はちょうど茶漉しがセットされているティーカップがありましたので、それでチャレンジ。スプーン2杯ぐらいのカモミールを使いました。

Img_4648 お湯を入れます。2・3分でいいようですが、今回他のことをしながらだったので、ついつい5分蒸らしてしまいました・・・。

Img_4654 できあがりました!濃い目に作ったので、味もしっかりしています。ほんのりとした甘みがあって、香りもGOOD!そのままでも十分楽しめました。蜂蜜とか、色々と味付けもしてみたいところ。きつい感じがまったくないので、夜にほっこりするにはとってもいいお茶だなあと感じました。

これぐらい作れば1年分ぐらいありそうで、一袋の種で、ものすごいコストパフォーマンスです。何でも、こぼれ種でまた来年も育つそうなので、植えっぱなしにして、この季節の楽しみにするのもいいかもしれませんね。

ちなみに今回は、無農薬で全体の1/6ぐらいにアブラムシがついてしまいました。ちょっとアブラムシがつきやすいので、その点だけが難ですが、何とか自然農法の手法でアブラムシをさけて作ってみてください。

(*^-^)ノ

2012/05/31

アピオス・ブルーベリー・アジサイなど、夏の植物が面白いです!

とうとう明日から6月!ということで、花屋の花もどんどん夏らしくなってきました。今日も、本日入荷の花たちをいくつかご紹介します。

Img_4625

Img_4626 そろそろ花屋さんでは、アジサイが終盤戦。巷のアジサイが咲き始めると、花屋さんの店頭からはアジサイの鉢植えが姿を消していきます。今年は終盤になっても、かわったアジサイがたくさん出てきて、思わず仕入れてしまいました。お値段もお手ごろになっていますので、庭の空いたところに植え込んでみるのもいいのではないでしょうか。

アジサイは9月までに、足元から短く切り詰めると、来年よく花を咲かせます。11月以降に切ると、葉っぱばかりで花が咲かなくなるので注意してください。

Img_4627 ゼラニウムの仲間もこの時期が最盛期です。大きなものは先週あたりで多く仕入れたので、今日はミニタイプの『アイビーゼラニウム・シュガーベイビー』。これも日向で乾燥気味に育てましょう。花が終わった後の花ガラをつむとよく咲いてくれます。

Img_4628 また、6月が販売のピークになるのがブルーベリー。今日はコンパクトで実付きのいい物が仕入れられました。秋の紅葉も綺麗で、一鉢持っておきたいですね。

Img_4629 そして、今日の初物はこちら。『アピオス』という名前のマメ科の植物です。つる性なのでグリーンカーテンにもいいそうですし、花も楽しめるとのこと。鉢植えで、ワイヤーのアーチ仕立てになっていますからこのままでもよさそうですが、大きなプランターなどに植え替えてみたい植物です。
といいますのも、本当は食用として注目されているようで、アピオスで検索すると高い栄養価の情報が次々に出てきます。食用の野菜苗として栽培するのもいいかもしれません。

最近は不景気で、一時ほど新しい品種が出なくなりましたが、それでもまだまだ新しいお花が出てきますね。なかなか勉強が追いつきませんが、これも栽培してみたい植物です!

(*^^)v

より以前の記事一覧

posy flowers SNS/HP

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

What time now ?

フォト

コメントとトラックバックについて

  • 最近スパムのトラックバックが非常に多くなってきましたので、コメントトラックバックともに承認後の公開とさせていただきます。よろしくお願いいたします。

おすすめ本!!

  • 石井 龍一: 役に立つ植物の話―栽培植物学入門 (岩波ジュニア新書 (355))

    石井 龍一: 役に立つ植物の話―栽培植物学入門 (岩波ジュニア新書 (355))
    岩波のジュニア新書ではあるが、普段誰でも食べている基本作物に多くのドラマがあり、日本の農業研究者もかかわっていることを教えてくれる、大人も(アンチ岩波の人も)読んでほしい一冊。特にコムギ・イネあたりまでが面白い。 **以下裏カバーより**  『人類の文明は、野生植物を栽培する技術を発明し、定住して社会生活を営むところから始まった。以来、作物は私たちと共にあり、人々は作物の改良に不断の努力を傾けてきた・・・』 (★★★★)

  • レン オークメイド: プランツ・イン・スタイル―鉢物を使ったフラワーデザイン‐プランツ・アレンジメントの作り方とアイデア

    レン オークメイド: プランツ・イン・スタイル―鉢物を使ったフラワーデザイン‐プランツ・アレンジメントの作り方とアイデア
    そろそろレンさんもいいお歳になっているはずなのですが、まだまだ新しいことにチャレンジし続けているようです。レンさんの洗練されたセンスが、新しいテクニックによってますます魅力アップ。たいしたものだと思います。スジが通っている方はやはり違いますね。。。 (★★★★★)

  • 宇田 賢吉: 電車の運転―運転士が語る鉄道のしくみ (中公新書)

    宇田 賢吉: 電車の運転―運転士が語る鉄道のしくみ (中公新書)
    マニアックでしょ(笑)私子供のころは軽く鉄ちゃんだったんです。お金がなかったので、時刻表系の鉄でしたが。これはなかなか素人にもわかりやすいいい本です。電車でGO!したくなりましたね。。 (★★★★)

  • : 発展コラム式 中学理科の教科書 第1分野(物理・化学) (ブルーバックス)

    発展コラム式 中学理科の教科書 第1分野(物理・化学) (ブルーバックス)
    今さら人には聞きにくい科学の基本。特に私のような文系で、高校で物理を取らなかったような人にはぴったり(笑)。発展コラムが、いまどきの製品などに即していて面白い。教科書というよりは、楽しんで読める科学書という感じです。 (★★★★)

  • 岸田 秀: ものぐさ精神分析 (中公文庫)

    岸田 秀: ものぐさ精神分析 (中公文庫)
    どちらかというとかなり哲学的だが、科学偏重のこの時代、哲学というか、文系最高レベルの内容。文系の人も理系の人も、読めば必ず目からうろこが落ちる。世の中の不思議に答えがあっさり出てしまう一冊。30年以上前の文章だが、まったく古臭さがない。必読。 (★★★★★)

  • 彩樹 かれん: うさぎのダンス

    彩樹 かれん: うさぎのダンス
    子供が小さいときに気に入って買った絵本。絵が少し漫画チックですが、とてもかわいいです。お花の絵もかわいくてお勧め。 (★★★★)

  • レン・オークメイド: テクニックインフラワーズ

    レン・オークメイド: テクニックインフラワーズ
    私の好きなデザイナーです。誰にでも「きれい」といってもらえる自然さがあります。デザイナーは新しいものを作り出し続けなければいけないような強迫観念に襲われますが、そんな時基本に返るにはいい作品です。 (★★★★★)

  • 江尻 光一: 園芸の極意

    江尻 光一: 園芸の極意
    園芸ファンなら知っている江尻センセの新書。育て方とかではなく、今の日本の園芸に欠けているところを鋭く抉り出すすごい本です。人間年取らないと、いい本書けないのかなぁ。。... (★★★★★)

調べごと

  • ググる
    Google

    ウェブ全体から検索
    ココログ全体から検索
    posy.cocolog-nifty.com内検索
無料ブログはココログ